いきあたりばったり日々の戯言


by sakiakamura868
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファイル共有ソフトは著作権侵害 今後の開発は?

開発会社の法的責任認める 米最高裁、共有ソフトで

一般にファイル共有ソフトと言われている物、諸外国ではP2Pソフトウェアと呼ばれています。

よく言われている評論、反論、意見などをいまさら蒸し返したところで同じ内容になるので
割愛させていただきます。



共有ソフトを使ったことの無い私が思うのですが、何も専用のソフトでなくとも
ファイルそのものは様々な手段で共有できる方法が、現在のネットにはあるのでは?

オランダでは開発会社のソフトウェア提供は合法、という最高裁の判決が出ています。
参考はこちら。

ファイル共有ソフトの実情は
自由にデータのやり取りが出来るがゆえに、著作者・著作権者が配布を認めている物、配布を認めていない物が混在してやり取りされている現実。

これが色々と物議を起こすのですよね。


私個人の意見になってしまいますが
技術そのものに罪はないと思うのです。著作権の侵害は確かに問題ですが、侵害をするためにそもそも作られたソフトではないはず。仕事に、会議に、打ち合わせに…便利に使える場面はたくさんあると思うのですよ。
今回の判決で技術が罪とならぬように願いたいところです。


何を罪として何を罪としないのか。
ネットで行われることについてはまだまだ対策が出来ていないのが現状ではないでしょうか。
[PR]
by sakiakamura868 | 2005-06-28 13:12 | ニュース